40代サラリーマンのお小遣い平均は3万程度?

この記事は2分で読めます

Man gazing surprisingly from hole in wall with copy space in horizontal position

サラリーマンのお小遣いは、年代や職種などによってかなり違ってきます。私の場合、40代で家庭を持っているということもあり、独身の同年代よりは少ないはずです。

 

しかし、40代ともなると、多くの人が家庭を持っています。そこで、40代の平均お小遣いを調べてみることにしました。

 

と言っても、リサーチ会社の社員ではないため、身近な人たちに聞いて回っただけの結果です。
私の周囲の人たちに聞いてみたところ、月3万円という人が多かったように思います。ちなみに私も同額です。

 

月3万円は飲み代だけではなく、昼食代も含まれています。使い道と内訳を自身でも出してみることにしました。すると、かなりギリギリだということが分かったのです。
幸い、私はお酒を飲まないので、飲み代として使うことは滅多にありません。

 

 

たまに、昼食代を浮かすために、家内にお弁当を作ってもらうこともあります。

 

飲み代やお弁当代など、浮いた分を翌月に持ち越すこともあるので、一般的な40代サラリーマンよりは融通が利きやすいと言えます。
しかし、ある程度の役職に就いていて、部下を引き連れて飲みに行くという人は、月3万円では足りないはずです。

 

このような立場の人は、当然、昼食代もたまに部下にご馳走していると思います。どうやってやりくりをしているのだろうと不思議に思うことがあります。
中には、昼食代を浮かせるために、カップラーメンを食べたり、昼食を抜いたりしている人も居ます。これでは体が持ちません。
その点、社食があるという人はいいかもしれません。実は私の職場にも社食があります。

 

私も時々、利用するのですが、毎日、利用しないのはあまり美味しくないからです。美味しい社食であれば、昼食代を浮かせるために、毎日、利用していると思います。
出世して給料が上がれば、当然、付き合いも増えてくるので、お小遣いも増えることになるはずです。その点は私も家内と話をすることがあります。

 

今はまだ平社員ということもあり、周囲との付き合いもないため、月3万円で何とか過ごせそうです。
今後、付き合いが広がっていけば、当然、飲まない人でも飲み代が増えてしまうと思うので、月5万円くらいにしてもらうつもりです。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. poor man
  2. iStock_000003766863XSmall
  3. ビジネスマン スマートフォン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。