私は普通?年収300万の生活レベルと生活費の内訳を紹介!

この記事は2分で読めます

a0055_000428

サラリーマンの平均年収は、毎年のように発表されていますが、450~480万円といったところでしょうか。

 
この平均年収というものがクセモノで、一部の高所得者の人達が引き上げているに過ぎない数字であることは既にお分かりだと思います。
そうなると、一番多い世帯というのが、今回のテーマである年収300万円世帯ということになります。
私も年収300万円世帯の1人です。

 
では、年収300万の生活レベルとはいったいどんなものなのか、自分の体験談をお話ししたいと思います。
私の家族は、夫と私、そして子供が2人(小学生と未就学児)になります。
4人で300万円でやっていけるのか、疑問に思っている人も多いと思いますので、生活費の内訳をご紹介したいと思います。

まず、年収300万円といったら、月収にすると20万円くらいで、ボーナスが年2回で1回あたり30万円といったところでしょうか。
月収20万円だと手取り金額は15万円ほどになってしまい、家族4人で15万円は本当に厳しいです。厳しいですが、我が家は何とかやりきっています。
家賃7万、光熱費1.5万、通信費1万、食費3万、残り2.5万円で生活に必要な雑貨や衣料品、子供のために必要なものを買っている感じです。

 
ボーナス分をいざという時のためにストックしておき、どうしても足りたいときはそこから使うようにしています。
夫は毎日、前夜の残り物を詰めたお弁当を持参し、子供のおやつはホットケーキなどを手作りし、極力おかしなどは買わないようにして、切りつめています。
余計なものを買わない分、部屋の中はとてもすっきりしてますし、子供たちも日頃からモノを買わない分、欲しいものを1つ与えた時はそのモノをとても大事に使ってくれます。
毎月の生活はギリギリで厳しいですが、贅沢をしなければ決して生活できないことはありません。
高所得で、お金があればあるだけ使ってしまう生活よりは、日々の中で学べることも多く、子供の教育にとっても良いことは多いので、私は年収300万円だからといって落ち込んだりはしていません。

 
年収を上げるための努力も必要ですが、努力をしてもなかなか上がらないのが、今の社会であって、上がらないなら上がらないなりに、やりきることを考えることも必要だと思っています。
決して家族4人300万円でやれないことはないと思います。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 部屋でパソコンを使う女性
  2. Thinking. Girl solving a problem.
  3. af9920050072
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。