年収400万の一般的な生活水準と費用の使い道

この記事は2分で読めます

庭で微笑む親子3世代

年収400万円の方の場合、生活レベルは独身か既婚かで大きく変わってきます。
独身であれば年収400万円もあれば十分な生活レベルを維持でき、普段の生活の中で特に困ることはないはずです。
外食を頻繁にしても問題ないことがほとんどで、収入が少ないと感じることはあまりないでしょう。
ごくごく一般的な生活が送れると考えてかまわないと思います。

しかし、結婚をしているとそうもいきません。
特にお子さんもいるという場合は生活もかなり厳しくなり、毎日家計を節約することを強く意識することになります。
外食はできて月に1度くらい、休日に旅行に出かけられるのは年に数回、つまり余計な出費は極力抑えなければいけない形です。
年収400万円だと、毎月の収入はおよそ30万円ちょっとになります。
一人暮らしなら十分な額ですが家族がいると決して十分な額とは言えません。
収入の大半は家賃や食費、光熱費といった生活するために最低限必要な出費に消えてしまいます。
家賃や住宅ローンが10万円、食費が3万円、光熱費が2万円と仮定した場合、これだけで収入の半分が使われることになります。
この他にも毎月必要なお金はありますからそれらも含めれば自由に使えるお金は10万円に満たないでしょう。
そこから更にいくらかを貯蓄に回すとなればほとんど残りません。
そのため車を所有することは難しくなります。
車が無くても生活に支障が出ないならいいのですが、出勤などでどうしても車が必要となればどこか他の部分を切り詰めなければなりません。
かなりギリギリの収入と言えます。
お子さんの将来を考えると貯蓄はほぼ必須で、必要最低限の生活費を確保するとどうしても余裕は少なくなります。
どうすれば毎月の出費を抑えられるか、これをしっかり考えることがポイントです。

 

年収400万円だと、特に老後の貯蓄を残せるかどうかがかなり微妙な収入です。
将来的な不安も抱えながらの生活になる可能性があります。
現在の生活レベルを維持することも大切ですが、将来のことまで見越して生活することも求められるわけです。
どうしても現在の収入では難しいという場合は副業などで収入を増やすことも検討しなければいけないでしょう。
まだ仕事を始めたばかりで、今後収入アップが見込めるならいいのですがそうでなければ計画的なお金の使い方が求められます。
贅沢をする余裕はないと考え、できるだけ無駄のない生活を心がけることがポイントです。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Beautiful young woman thinking with abstract marks overhead
  2. af9930029458
  3. businessman sleeping and dreaming with cloud
  4. a1180_015158
  5. 神田川と御茶の水駅
  6. 疲れたビジネスマン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。