妻子ありで年収500万円の生活レベルと費用の使い道

この記事は2分で読めます

iStock_000012898791XSmall

年収500万円だと一般的にイメージされるごく普通の生活は問題なく送れるレベルになるでしょう。
とは言え決して余裕があるわけではないので節約できるところはしっかり節約する意識が重要です。

まず、年収500万円の場合だと毎月の収入は手取りで30万円弱くらいになるはずです。
独身で1人暮らしなら十分過ぎる額ですが家族を養う場合はギリギリのラインになるでしょう。
自分と妻、子供が1人と仮定して具体的に支出の内訳を見てみると、住宅費で10万円、光熱費で2万円、食費で3万円、通信費で2万円、保険料で2万円、くらいが一般的な支出額になるのではないでしょうか。

 
残りは10万円前後で、そこから半分を貯蓄に回すとすれば手元に残るのは5万円前後です。
このお金で毎月生活していくことになります。
上記で紹介した支出以外にも服を買ったりなど、出費はありますから月によってはお小遣いとして使えるお金がほとんどないなんてことも考えられます。
年収500万円は若い世代のサラリーマンの平均的な収入と言われていますがかなり厳しい状況だとわかります。

 

 

生活レベルで見てみてもマイカーを所有することは非常に難しく、維持費なども考えるとマイカーを所有するためには他の部分でかなり節約する必要が出てきます。
最近は車離れが加速していると言われていますが、収入的に購入できない層が相当数いるのではないかと予想されます。
外食や旅行もそう簡単にはできず、特に旅行に関しては1泊2日の旅行を1年に1度できるかどうかくらいでしょう。

 
毎日の生活ではっきりと困ることは少ないと思いますが、かといって余計なことにお金を使うこともできないといった感じです。
子供がいる場合は独立するまで学費を中心になにかとお金がかかりますので経済的にはさらに苦しくなります。

 

 

このように、年収500万円の世帯は家計が厳しいと感じる方が多いと思われます。
毎月の収入の大半が必要経費で消えてしまうので当然なのですがなるべく贅沢をしないように意識している方がほとんどでしょう。
貯蓄に回せる額も十分とは言えないので大きな出費があるとこれまでコツコツ貯めてきた貯蓄が失われてしまう可能性も十分にあります。

 
極力無駄をなくし、できるだけ支出を減らしていかに貯蓄をしていくか、これが将来に向けた大きなポイントになるでしょう。
食費などを中心にさらに減らせる支出はないか、常にチェックし改善できるところは改善することが将来に向けたポイントです。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af0060000137
  2. af0150015057
  3. af9930029467
  4. スマートフォンを見る若い男性
  5. Racing road bike during a rest!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。