年収500万で独身の生活費と給料の使い道

この記事は2分で読めます

Racing road bike during a rest!

年収500万で独身生活をしていますが、今はとくに贅沢をしなければそこそこ不自由なく暮らしていけます。
友人にはもっと稼いでいる人も多いようですが、そのぶん仕事が忙しい人もいて、ある程度遊ぶ時間が欲しい場合にはあまり羨ましくもありません。
生活費は1人なこともありそこまで多くもかかりませんし、休日には自分で料理を作るのも好きで仕事には自作の弁当を持っていくこともあります。なので食費はあまりかかっていないほうかもしれません。

 
僕は全国を転勤している転勤族なので、家は会社が借り上げているアパートで社宅扱いになっていて家賃はとても格安です。職場までは歩いて直ぐでストレスもなく通勤できているし、車は休日に気分転換でドライブをする程度です。生活費はもしかしたら周囲の同年代よりも少ないかも知れません。
今は30代ですが普通にサラリーマンとして働いてきて年収500万前後まで収入が自然と上がってきました。

 

特別な職業でもないので自分の年収がサラリーマンの平均年収に近いことにも納得しています。年収500万円は贅沢をしようとしなければ特に不自由なく独身生活を過ごせる年収だと思います。
ただ、この先はあまり年収が上がりそうにないので、これでもしも結婚をしたり子供が出来たりしたら少し話が違ってくるのかもしれません。
最近、入社したばかりの頃によく分からず勧められるままに加入した生命保険の見直しをしようとFPに相談に行ったら、ライフプランシュミレーションというのを作ってもらいました。
この作ってもらった僕の人生の資金計画によると、年収500万円では結婚をするならば共働きで働いてくれるような女性を探すのがお勧めで、子供も1人か多くても2人が限界だと言われました。
自分が子供の頃から想像していた家族像は、専業主婦の奥さんがいて子供が2人か3人に、大きな家に住んで犬を飼っている等と想像していたので、現実を突きつけられた感じがしました。
年収500万円では専業主婦の妻を養って子供を大学まで通わせるのは少し辛いのかも知れません。まだ独身の僕がそこまで想像する必要はないのかも知れないけれど、将来を考えるいいきっかけになったようにも思います。
今付き合いを続けている女性は比較的仕事が好きで楽しく働いている様子なので、さりげなく僕の年収が500万円程度であることを伝えて、結婚後にも仕事を続ける気があるのか念のため確認しておこうと思います。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スマートフォンを見る若い男性
  2. af0150015057
  3. af0060000137
  4. iStock_000012898791XSmall
  5. af9930029467
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。