年収500万の結婚生活と生活費の内訳!妻一人で介護も必要に・・・。

この記事は2分で読めます

af9930029467

私は35歳になった年に結婚しました。妻は30歳でした。現在、結婚後1年が経過します。

 

私は国内の中堅規模のソフトウェア開発会社に勤務しており、役職は課長代理で、税込で年収500万円程度です。残業手当のつかない職種なので、毎月30万円程が固定で支給され、年2回の賞与は、あまり変動がなく、60万円づつ支給されます。

 

 

正直に言って、残業手当のつく職種であれば、もう少し年収は上がっていたと思いますが、世間の平均並みの収入ではないかと思います。
妻の収入が多少でも期待できれば良かったのですが、結婚当初、妻が病気療養を理由に退職しました。それほど深刻な病気ではないのですが、しばらく療養するように勧めたので私です。なので、現在は私1人の稼ぎで妻と2人の結婚生活を送っており、子供はしばらく作らないと思います。
妻と2人だけの生活を送るだけなら、現在の月30万円(手取り24万円程度)の収入と足りない分は賞与で補うことで十分可能ですが、将来的な貯蓄などに不安があります。
月々の生活費の内訳は次の通りです。
2DKの賃貸マンションの家賃が管理費込で7万5000円、食費が5万円、生命保険および医療保険が2人分で3万5000円、電話代や光熱費が2万円、交際費や雑費が3万円、妻の医療費が3万円です。

 

現在は、これが精一杯なので月々に貯蓄へ回せる余裕がなく、賞与の残りを積み立てています。また、食費と交際費が変動して、赤字になることも多いです。なお、結婚を機にタバコは辞めました。独身時代に比べて、かなり窮屈になりました。
さらに、ここで問題が発生しました。妻の母が現在、妻の兄(独身)と同居していますが、認知症が進んでしまい、介護が必要になってしまいました。

 

幸い、近くに住んでいるので、妻がしばしば面倒を見に行っているのですが、介護にかかる費用を兄だけに負担させるわけにいかないため、私の賞与から多少の援助をするようになりました。こうなってくると、ますます我々の貯蓄は滞り、子供を持つ夢から遠のいていきます。

 

今後、私の両親の介護が加わったら、本当に子供を諦めたり、今以上に窮屈な生活を強いられて、贅沢などできなくなります。つくづく、税金をもっと福祉に投入してほしいと思います。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af0060000137
  2. iStock_000012898791XSmall
  3. af0150015057
  4. Racing road bike during a rest!
  5. スマートフォンを見る若い男性
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。