年収700万で子供二人の毎月の支出を紹介します!

この記事は2分で読めます

Group of hikers walking in the nature  - Friends taking an excursionon a mountain, walking in a row

我が家の世帯年収は、約700万円です。内訳としては、まずは夫の年収が、ボーナス込みで約600万円です。そして私は、夫の扶養の範囲内で働いているので、年収は約100万円です。その合計で、世帯年収700万円となっているのです。

 
我が家はこの状態で、子供二人を育てています。世間では子育てをしていると、お金がかかるようになると言われていますが、正直出産後数年は、我が家ではそのようなことはありませんでした。

 

たしかに紙おむつなどの衛生用品の費用はかかりましたが、1ヶ月に数千円程度です。

 

 

また、育児で忙しく、夫婦二人でレジャーに行くことができなくなったので、その分の費用がかからなくなりました。そのためむしろ夫婦二人で生活していた時よりも、貯金額が増えたくらいです。

 
ところが子供が幼稚園に通うようになってから、急激に家計の余裕がなくなってきました。なぜなら我が家の周辺には公立の幼稚園がなく、必然的に私立の幼稚園に入園させることになったからです。

 
入園金だけでも10万円かかりましたし、さらに制服や靴などの購入に、やはり10万円近くかかりました。そして月々の保育料は約3万円、この他に給食代やバス代、課外授業料などがかかるのです。

 
二人目の子供が入園してからは、さらに多くのお金がかかるようになりました。そのため現在我が家では、毎月幼稚園に約6万円のお金を払っています。もちろんこの他にも、子供の成長に合わせて、食費や洋服代や医療費もかかるようになりました。

 
子供が幼稚園に入園する前までは、我が家では月に15万円ほど貯金することができていました。ボーナスに関しては、ほぼ全額貯金していました。そのため貯金額は、毎年約200万円ずつ増えていました。ところが子供二人が入園してからは、月々の貯金額は10万円以下になりました。

 
また、住んでいる住宅が古くなってきたので、随所にリフォーム工事が必要になってきました。その費用はボーナスから捻出するので、つまり過去のようにボーナスを貯金にまわすことができなくなったのです。

 
しかしその一方で、嬉しい収入もあります。収入というよりも権利なのですが、私が住んでいる地域では、子供を私立幼稚園に通わせている世帯は、毎年補助金をもらうことができるのです。

 

 

補助金は年収によって決まってくるのですが、世帯年収700万円の我が家は、約30万円もらっています。

 
そのおかげで、子供二人を育てていて出費の多い我が家ですが、現在年間に100万円ほどは貯金することができています。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ベランダから外を眺めるカップル
  2. af0150015158
  3. 部屋でパソコンを使う女性
  4. a1180_009233
  5. af0060000144
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。