40代で家計の紐、弛んでませんか?油断大敵!年収700万生活

この記事は2分で読めます

af0150015158

年収700万生活っていうと、いいなぁ、余裕あるんだろうなとか思われちゃうかもしれませんね。
実際、子供のいない我が家では、専業主婦も可能。
旅行(海外なら旅費の安いところ)も年二回余裕だし、習い事も出来ます。
家のローンだって、地方都市なら家賃並みだし、ゆとりある生活~って感じかも。

 

でもでも、タイトルに書きましたが、ずっとキリギリス生活してると、ふと気付いたとき、自分が大きな落とし穴に直面している事に気付きます。
それは「老後」という、見えない未来。

 

ある日、ネットの老後に3000万という記事を見て、やばい!と思いました。
うち、全然貯金がなかった。

もちろん0という訳ではありません。
でも、3000万なんてほど遠い。
「40代、貯蓄、平均」をと検索をかけて、その結果にめまいがしそうになりました。
いやいや平均はものすごく年収が高い人がいるからボトムアップされてるし、と、中間値を次に調べてみました。
我が家の貯蓄、それにも足りてなかった、本当焦りました。

急遽家族会議(といっても旦那と私の二人だけど)を招集。
やっぱり我が家は家計経営が散漫すぎ。これは家計を預かっていた私が悪いですよね、もの凄い罪悪感。
外食費とレジャー費がかかりすぎ、コンビニで買い物し過ぎ、といったような改める点が続々。

旦那のお小遣いもその一つ。
うちは一応基本は3万5千円&ボーナスの1割と、年収700万生活生活としては低めだと思うんだけど、
旦那の趣味の物で金額の高い物とかねだられると、「えー」っていいながらも「大黒柱は旦那だし」って結構許しちゃってました。
しかもお昼代、飲み会代は別。被服費はもちろん家計から。
だから旦那のお小遣いの使い道と内訳は、タバコ代1万、雑誌や趣味の細々としたもの2万、コーヒーやその他が5千円って感じだったみたいです。

私、家計簿だけはきっちりつけてたんで、旦那のお小遣いに渡しているお金を一年分総計してみると、これがまた結構な金額。
旦那もびっくりしていました。

 

何がいけないって、私たち『反省』ってものが無かったんですよね。
なので、今回の結果を踏まえ、押さえるところは押さえようと。
旦那の定年までに3000万に少しでも近づくべく、頑張るつもり。

私も今月からパートに出まーす。

 

ただ、今回のこの事、ネットが無ければ私、ぜんぜん気付けませんでした。
ネットという情報ツールが私に警告してくれたんだなーと。
情報社会に感謝。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af0060000144
  2. ベランダから外を眺めるカップル
  3. a1180_009233
  4. Group of hikers walking in the nature  - Friends taking an excursionon a mountain, walking in a row
  5. 部屋でパソコンを使う女性
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。