年収1000万の生活レベルと感想、生活費の内訳

この記事は2分で読めます

YMD85_aozoratookinawanoumi500

年収1000万になると生活に余裕が出そうなものですが、実際には教育費、家賃、税金などを払うとそこまで豊かな暮らしではないと感じている人も多いそうです。何不自由なく贅沢に暮らせると思いがちですが、税金も上がり、子供がいると大変だと言う事です

 

年収1000の生活費のレベル暮らしまとめ

世帯収入で年収1000万程になります。私の職業は主婦兼、個人事業主として在宅にて仕事を行っています。主人は自営業です。夫婦二人の生活で子供はおりません。
夫婦二人の収入の内訳については、主人の収入が、手取りで月収ベースで50万円ほどです。私の収入が月収ベースで30万円ほどです。その他に、主人と私の二人で行っている副業からの収入が毎月20万円ほどあり、合計で毎月100万円、年収にして約1000万円ほどとなります。ちなみに年齢は主人、私ともに30代前半です。

 

 

毎月の生活費の内訳は、住居費が駐車場代を含み60,000円、生命保険料が5,000円、水道光熱費が20,000円、携帯とインターネット接続費などの通信費が20,000円、食費が30,000円、生活用品・雑貨費が10,000円、趣味にかかる費用が250,000円、交際費が15,000円、ガソリン代が20,000円ほどとなっています。

 

 

住居や光熱費、クレジットカードでの引き落としなどの固定費は主人の口座から、毎日の買い物は私の収入から支払っています。それぞれの収入の残りと、二人で行っている副業からの収入を主に貯蓄や突発的な出費に充ててい私も主人も、趣味をそれぞれ持っており、それにかかる費用が大きくなっています。大きな出費があるときのために、残った金額を毎月貯蓄に回しています。

 

 

趣味に対する出費に関しては、我慢をしていません。特に、節約や切り詰めを意識している訳ではありませんが、食費や生活用品については必要な物のみを購入するよう心掛けています。

 

年収1000万の生活レベルとしては、贅沢はしていない感覚です。主人も私も、もともと倹約家な方であり、高価なブランド物や高級車には興味がないため、大きな出費をするのは趣味関してくらいです。

 

家族が健康に安定した生活を送り、趣味に思う存分出費をかけることができるようにと考えているので、自分達の考えでは妥当の収入と出費かと思っています。また、年に何回か親孝行として、旅行費や食事会費の出費があります。まだ住居が賃貸なので、住宅の購入を考えています。このために収入と貯蓄を増やしていこうという考えがあります。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. iStock_000003766863XSmall
  2. 名古屋の高層ビル
  3. a0726_000145
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。