年収600万円の生活レベル!一般人の暮らしぶり

この記事は2分で読めます

孫を抱く祖母

年収600万円だと、毎月の手取りは30万円ほどになります。
このくらいの収入になると生活にも少し余裕が感じられるようになるようです。

では具体的な支出の内訳を見ていきましょう。
夫婦、子供1人の3人家族として、毎月の支出は住宅費が10万円、水道光熱費が1万5千円、固定電話、携帯電話、ネットなどの通信費が2万円、保険が2万円、食費が5万円、くらいでしょうか。
手元に残るお金は10万円ほどで、ここからさらに貯蓄に回したりお小遣いを確保したりする形です。
今回の支出は少し余裕を持って計算しているのでもっと手元に残すことも十分に可能だと考えるとやはり多少の余裕が出てきます。
年収400万円や500万円だと車を所有するのがかなり難しいのですが、年収600万円を超えたあたりから車を1台所有することも決して難しいことではなくなってきます。
もちろんその分出費が増えてしまうので普段の生活の余裕はなくなりますが無理なことではありません。

 
必要経費に加え、その他に必要になる出費や貯蓄を合わせてちょうど毎月の収入を使い切るくらいのイメージで、毎日贅沢な暮らしをできるわけではありませんがごく一般的な生活を送るには困らない収入と言えるでしょう。

 
ただ、これは子供が1人と仮定した場合の話ですので子供が増えれば増えるほど生活は厳しくなっていきます。
子供は独立するまでにかなりのお金がかかりますので経済的な部分では相当な影響が出るでしょう。

 

 

生活レベル的には旅行に出かけたり、年に数回家族みんなで遊びに行くことも可能になってきます。
貯蓄の仕方次第では海外旅行を楽しむなんてこともできるでしょう。
貯蓄にも十分な額を回せることから年金での収入も考えれば老後もある程度安心できます。

 
とはいえ不景気も長く続いており、このまま収入を維持できるとも限りませんのでできるだけ貯蓄をして将来に備えることは重要です。
車を持つ余裕も生まれ、頻繁に新車を買い換えるなんてことは難しいですが常にマイカーを1台維持するだけの余裕はあるはずです。

 

 

ただし、少し余裕があるからといって油断すると支出の方が収入より高くなってしまいあっという間に赤字になってしまう収入でもあります。
そのため同じ年収600万円でも生活レベルによって収入に満足しているか不満があるか、個人差が大きい傾向も見られます。
少なくもないが多くもない、これが年収600万円の一般的な暮らしなのかもしれません。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コイン
  2. Beautiful asian woman using a laptop computer
  3. af0100014645
  4. af0100041226
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。