年収600万の生活費と住宅ローンの内訳の参考例

この記事は2分で読めます

af0100014645

私は夫婦ともに30代で旦那は年収600万円のサラリーマン、私は専業主婦という家庭です。結婚して3年であり、子供がこれから生まれるので、子供と暮らすことを考えて家でも全力で遊ぶことが出来るよう、一軒家を購入することにしました。

 

 

家の価格に関しては土地代込みで5,000万円程度です。この物件を購入する際、私も旦那も独身時代に働いていた貯金があったので、それを合わせて2,000万円を頭金とし、3,000万円の住宅ローンを組むことにしました。

 

 

住宅ローンは年収の5倍以内の価格が良いと聞いており、ぎりぎりの数字で少し無謀ではあったかなとは思っていますが、気に入った物件を購入することが出来たためとても満足しています。
わが家に関しては早くにどちらの両親も亡くなっており、私の家はあまり資産の有るような家庭ではなく、旦那の家庭も同様であり、遺産もあまり多くはありませんでした。

 

 

また、そのような少額のお金であるため、その分は生まれてくる子供の教育費にまわそうと夫婦で事前に話しており、このお金を一軒家のお金にまわすことは今後も基本的には考えていません。

 

住宅費以外の生活費の内訳と使い道

 

内訳に関しては、旦那の月収が50万円であり、その内住宅ローンにまわるのが10万円、食費や光熱費などといった生活費が7万円、それに加えて旦那と私のお小遣いが4万円ずつ、日用品で2万円、旦那の電車代が1万円、車のガソリン代が2万円、保険代が3万円、洋服代が2万円ずつで、

 

 

産婦人科への通院費が1万円となっています。

 

 

そのため、残るのが12万円であり、子供が生まれてからは頼ることの人もいないため、家政婦さんやベビーシッターさんも場合によっては依頼しようと考えているので、その時のためや、それだけでなく子供への教育費にも充てたいと考えています。車に関しては2台あるのですが、どちらもローンの支払いを終えています。
元々夫婦共々趣味にお金をかけるタイプではなく、お小遣いの範囲内でやりくりをしているということもあり、月50万円で10万円以上の貯金が出来ているのではないかと思います。

 

 

ですが、今までの貯めた貯金のほとんどを家の頭金へまわしてしまっているので、また1からのスタートとなっていて、現段階で貯金額が90万円程度であり、子供が幼稚園に入るまでにもう少し貯蓄をすることが出来たらいいなと思っています。
また、旦那が昇進が見込める職業であるので、場合によっては毎月のローンの返済額を増やすことも考えています。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コイン
  2. 孫を抱く祖母
  3. af0100041226
  4. Beautiful asian woman using a laptop computer
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。