年収600万の生活レベルは?費用や内訳を紹介

この記事は2分で読めます

Beautiful asian woman using a laptop computer

 

 

わたしたち夫婦は結婚したばかりの時、夫の年収は300万円でした。これだけではとてもじゃないけど夫婦二人生活できないというわけで、夫は結婚して数年後に転職をすることにしました。

 

 

無事転職先が決まったのですが、その職業は金融関係の仕事です。金融関係の仕事の年収はだいたい600万円から始まります。それでは、年収600万の生活レベルはどのようなものでしょうか。わたしたち夫婦は年収300万円から始まったので、年収が2倍になった時はとにかくうれしくて舞い上がっていました。

 

 

だからといって、身の丈に合わない生活をしてはいけない、年収300万円の時には全くできなかった貯金をしっかりしようと思いました。そんなわたしたち夫婦の年収600万の生活レベルにおける生活費の内訳は次の通りです。

 

 

家賃6万5千円、光熱費1万5千円、固定電話とネットと携帯代が1万5千円、食費3万円、保険4万円、夫こづかい3万円、妻こづかい1万円、被服費1万円、医療費5千円、衛生費5千円、教養娯楽費1万円、その他1万円で、月合計24万5千円です。月々の収入は手取り28万円ぐらいですので、3万5千円貯蓄にまわせることになります。

 

 

しかし、冠婚葬祭であったり実家への帰省の費用なども含まれてきますので、収支がトントンといった感じです。金融の仕事はボーナスがわりとよいので、ボーナスから旅行代などを出しています。年に一回海外旅行か国内旅行に行って、二人で30万円ぐらい使います。それ以外の残ったお金は貯蓄に回しています。だいたい年に150万円ぐらい貯蓄できています。

 

夫の年収が300万円だった時は生活費がカツカツでわたしも働きに出なければ赤字でした。いつもわたしの独身時代の貯金を崩しながら生活していて不安な日々を暮していました。

 

 

しかし、年収600万円になると生活費のほかに旅行も行くことができるようになり、貯蓄もできるようになりました。それは本当にありがたかったです。ただし、これは夫婦二人だからできることであって、こどもが生まれたら貯蓄額も少なくなってしまう可能性があります。こどもの将来の大学の学費などを出すためにはもう少し収入が増えてほしいと思います。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 孫を抱く祖母
  2. af0100014645
  3. コイン
  4. af0100041226
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。