年収800万の一般の生活水準と支出の内訳は?

この記事は2分で読めます

SONY DSC

年収800万円というとかなり高収入なイメージですがその生活はどんなものなのでしょう。
毎月の収入で考えるとおよそ35万円から40万円程度になりますが、まずは支出の内訳を考えてみましょう。

 

 

家の家賃やローンで10万円、水道光熱費で2万円、通信費で2万円、保険料で2万円、と仮定した場合これらで16万円の支出になりますから残るのは20万円ちょっとです。
この他にも食費や将来に向けた貯蓄、子供がいる場合は子供の学費などが必要ですからさらに10万円は支出として出ていく形になるでしょう。
となると手元に最終的に残るのは10万円ほどで、ここから夫婦や子供のお小遣いなどを用意します。

 
ただ、これだけの収入があると多少の余裕が生まれ、食費などは同じ世帯年収でも額がかなり変わるようです。
5万円以上を食費として使っている家庭もあれば、2万円程度にまで抑えている家庭もあるようで、余裕が生まれる分、お金をどう使うかで残る額も変わります。
いずれにせよ必要最低限の生活費と貯蓄を除いてもある程度の額が残り、自由に使えるお金は毎月しっかり確保できるのが年収800万円の暮らしです。

 

 

とはいえ実際に年収800万円ほどの家庭でも生活が楽だという実感はあまりないようで、特に奥さんが専業主婦の家庭だと余裕のない苦しい生活と感じることも多いと言われています。
年収400万円前後の家庭も多く、その倍の収入であれば生活は楽そうですが実態は決してそうでもないことがわかります。
もちろん生活レベルの問題もありますが収入があるだけ貯蓄に回す額も増え、車を所有したりしますので結局はその分だけ支出も増えてしまうわけです。

 

 

その意味ではどんな生活を送るのか、これが経済的に楽か厳しいかを分けるポイントになるでしょう。
贅沢な暮らしをすればお金は残りませんし、しっかり節約を意識すれば十分なお金を残すことができます。

このくらいの収入になると特に貯蓄額が増える傾向が見られます。

 
やはり将来のことを考えてなるべく貯めておこうと考え、毎月の生活を楽にするのではなく貯蓄に回す形です。
これが大きな原因でそれほど生活が楽だとは感じられないのでしょう。
ですが貯蓄は確実に増えていきますから仕事を退職した後など、老後の生活はかなり余裕が生まれると考えられます。
一般的にイメージされるごく普通の生活を送りつつ、老後にもしっかり備えることができるという意味では年収800万円はちょうどその条件を満たしていると言えるかもしれません。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af0100031849
  2. ベランダから外を眺めるカップル
  3. young asian businesswoman working
  4. af0150017913
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。