年収800万は貧乏?旦那のお小遣いと使い道や内訳

この記事は2分で読めます

af0150017913

我が家は子供が一人いる3人家族です。そして年収800万の生活をしている家庭です。そんな我が家の旦那のお小遣いの使い道と内訳について述べてみたいと思います。
私の旦那の仕事は保険業です。

 

一応代理店に席を置いてはいますが、ほぼ独立状態のため、交通費や携帯代といった経費は全て自分で出す必要があります。完全歩合制のため毎月の給料は決まっていませんが、だいたい年収800万の生活をしています。

 

毎月の収入がばらばらなので、旦那のお小遣いの金額も決まってはいません。収入が多い月は10万円あげる時もありますし、少ない時は6万円の時もあります。

 

しかし平均して7万円から8万円ほどのお小遣いをあげています。交通費として別に1万2000円あげており、自宅から市内中心部までの定期代を出しているようです。

 
旦那は、毎月あげたお小遣いの中から、移動費や飲食代などの経費を使っています。基本的に直行直帰なので、朝はゆっくりしています。自宅で書類などを作成してからお客様のところへ行くので、アポイントが午後の場合は自宅で昼食を食べていきます。

 

この場合昼食代がうくため、外食したと思って300円ほど貯金しています。

その他に毎週2日間ほど飲み会に行っていますが、接待をするというよりはいつも接待されているという感じのようで、ほとんど飲み会でお金を出すことはないようです。

 

たいてい得意先の方がおごってくれるらしく、このことを自分でも自慢しています。たまに割り勘で飲みに行くことがあるようですが、その場合は安めの居酒屋などにいき、2000円から3000円ほどしか使わないと言っています。

 
このように、旦那のお小遣いの使い道は、ほとんど移動費と昼食代だといえます。もちろん大きな契約を貰った際には手土産なども渡す必要がありますし、得意先が扱っているサプリメントなどを購入することもあります。その場合もこのお小遣いの中から使用しています。

 

また、スーツとワイシャツを購入する際は家からお金を出しますが、靴に限っては自分で購入しています。
最終的には確定申告をするため、ある程度の金額は戻ってきますが、それは我が家のボーナスとして自宅に入れてもらうため、旦那の収入にはなりません。
これが年収800万の生活をしている我が家の旦那のお小遣いの使い道と内訳です。

1000man4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af0100031849
  2. ベランダから外を眺めるカップル
  3. young asian businesswoman working
  4. SONY DSC
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。