完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収と老後の生活

夫が定年した後の専業主婦の生活レベルを大公開!老後の計画は?

57歳の専業主婦の女性です。専業主婦と、表向きはしていますが、実際には、非常勤講師をしたり、非常勤公務員の仕事をしたりするなど、100万円を超えない程度には仕事をしています。

 家族は、もうすぐ二度目の定年を迎える夫、会社員の長女と三人で愛知県で暮らしています。

夫が再雇用しているので世帯年収は600万!その運用は?

私の年収は100万円程度です。夫の年収は今現在は再雇用ですので500万円程度ではないかと思います。

 すでに、夫は一度退職をしており、それ以降、企業年金を受給していますので、その収入が年間100万円程度、個人年金が年間50万円程度あります。

 また、長女からは生活費を月に6万円もらっていますので、年間でいえば、70万円程度収入があることになります。

 そういったことで、合計の収入としては、長女からの生活費を含め、800万円程度になるのではないかと思います。

 貯金に関しては、うちは夫と私は別会計になっていますので、夫が正確にいくら持っているかはわかりませんが、少なくとも、保険、株式なども含めて3000万円はあるのではないでしょうか?

 

私は個人的に2000万円は貯金を持っており、今後60歳になったとき、1000万円の保険の満期が到来しますので、老後資金としては、3000万円以上は確保していることになります。

 今は、夫は再雇用になっていますので、今現在、積極的に貯金をしようということは考えていません。

 

実際に、そのような余裕はあまりありません。まだ、継続している生命保険のお金、貯金を目的とした保険のお金、株式購入、そういったものをあわせて、5万円くらいが、夫の貯金になります。

 私は、というと、年収としての100万円は、自分の小遣い、海外旅行に行くことが趣味ですので、その資金に充てています。

 

逆にいうと、今貯めている貯金は65歳までは目減りをさせないように考えて、遊ぶお金くらいは稼ごう、というわけです。

 生活費は、夫の給料、そして、娘からもらっている生活費、一部、私の収入を充てる、というところです。

 

夫の給料とはいっても、先ほどの貯金と、そのほか、税金の類、夫のお小遣いなどを引きますので、実際には手取りはわずかになります。ですから、企業年金を使って、補てんしています。

 生活費として以下のようになります。

 

  • マンションに関する管理費、修繕積立費が4万円弱
  • 光熱費が高く3万円弱
  • 通信費が3万円弱
  • 食費や生活用品で10万円弱

 

それ以外にも交際費や実家への帰省費用なども必要となっており、不足分はボーナスで補てんしている状態です。

 

専業主婦の老後はやっぱりお金の不安が付きまとう

 

老後については、やはりお金のことは心配です。
 きっと私の場合、世間的には、老後の資金3000万円、といわれているなかで、比較的多い方だろうと知っています。それでも、老後の生活に対しては不安に思います。

 たとえば、家族に介護が必要になったとき、自分に介護が必要になったとき、その費用をどこからどう捻出しようか、と思います。

 

特別養護老人ホームへの入所は数年待ち、有料老人ホームに入る場合、安かろう悪かろう、だけはいや、と考えると、それなりの費用が必要となります。

 

いやではありますが、わけもわからない状態になって、10年以上も生き延びることになると、相当の費用がかかります。そういったときに、家族の負担になりたくはありませんから、お金で解決できることならば、と思って、貯金をしておかないと、と思うわけです。

 加えて、私が年金を満期でもらえるようになるまでの間、夫は再雇用での仕事も終わってしまって、さらに数年間という年月があり、その間の収入も心配です。

 

もちろん、年金はいただけますが、年金だけでは、今の生活レベルを維持することはかなり困難となります。私は専業主婦ですのでそこまで多くの年金は期待できません。

 

頭のなかで、生活のレベルを年金暮らしに下げないといけない、というのはわかっていますが、そのような頭にはなかなかなれないことと、趣味の旅行はやっぱりやめられないということもあって、その資金の捻出をどうしようか、と考えます。

もちろん、貯金を使う、という手はありますが、貯金を切り崩して、老後の資金を減少させるわけにはいかない、と考えていますから、非常勤でしばらくは勤務をして、遊ぶお金を捻出しないと、と考えています。

 もう1点不安なのは、貯金のなかから、今後の住居に関する費用を捻出しないといけないことです。

マンションにこのままずっと住み続けたいと思いますが、そうはいっても、築年数の関係から、リフォームをしないといけなくなると思いますし、場合によっては、ここを売却し、新しい住まいを手に入れることも考えないといけません。

 

そうなるとお金が必要になります。こういったことを不安に思っています。

老後の生活について一番気を付けていること

 

 すでに、一歩老後に近づいている状態ではありますが、一番心掛けていることは、65歳まで手をつけたくない貯金に関しては、定期にして、おろせないようにしてあります

 

いくら、遊ぶお金が足りなくなっても、また、生活費が足りなくなっても、これだけは死守をしようと考えています。

もし、お金が足りなくなりそうであったら、仕事を増やそうと考えます。

 

65歳までならば、幸い、資格も持っていますから、仕事は選り好みしなければ、いくらでもあります。ですので、その場合は仕事をしようと考えています。

 加えて、生活のスリム化はやはり考えます。夫が再雇用での仕事を終えることになったら、まずは通信費の削減を考えます。

 

固定電話をやめ、携帯電話は格安会社に変える、といったことをして、ここを削減します。

食費や日用品に関しては、長女もいますので、なかなか削減ができませんが、有料のテレビチャンネル契約を見直したり、少しでも光熱費を減らすように、在宅していない状態を増やしたり、ということをして以降と考えていますし、光熱費の問題は、現在でも私自身は取り組むようにしています。

 加えて、不要な保険はカットしたいと考えています。あと少しで夫の再雇用が終わったら、特に掛け捨て部分の保険はカットしていきたいと考えています。

老後に3000万では不十分!もっと貯金しておくべき

とにかく、若いうちから計画的に貯金をするべきです。中途解約できるようなタイプの貯金ではなく、解約できないようなタイプの貯金をするべきです。

積立などは金利が低いから敬遠しがちだったのですが、コツコツとためておく習慣をつけることはかなり重要だと思います。そのお金がないものとして、生活をする習慣ができますので。

 ついで、思うことは、貯金のできる時期を見極めて、その時、一気にためておく、ということです。子どもが生まれるまでの間、とか、子どもが小学校までの間、そして、子どもが大学生になって以降です。

こういったときには、比較的多くのお金が貯められます。考え方にもよるのでしょうが、退職をせず、ずっと共働きをしていると、子どもの保育園代金はかかりますが、特に小学校低学年の間は、お金があまりかかりません。

それ以降は、教育費にかかるようになりますので、あまり貯金はできません。

加えて、子どもが大学生になってから、です。もちろん、県外私立、医学部、などという条件の場合、支出が多いでしょうが、自宅通学、国立の大学でしたら、子どものアルバイトだけで十分学費もまかなえます。

これで、高校までの塾代金を考えると、随分楽になりました。子どもが社会人になって以降、定年までの間が一番お金が貯まる時期ですので、その時期を逃さず貯金をします。

 あとは、持ち家の考え方、タイミングです。

私の場合には、もっと社宅で粘っておけばよかった、と思っています。社宅ならば住居費がかなり安いので、しっかり貯金ができます。

もっとも、ローンという足かせがあることによって、それを支払うために節約をする、ということができますが、そうではない場合、どうしても支出に充ててしまうことになりがちです。そうならない自信がある場合には、社宅で粘る、というのも一つの方法ではないでしょうか?