完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収100万の生活

年収100万以下の独身中高年の生活の将来に幸福はありますか?

私は満46歳の男性です。婚暦は無く、未婚・独身・子供無しの身分なので現在アルバイトをして生活しています。

殆どフリーターの様な人生を送って来たので一人暮らしをするだけの経済力は無く、実姉と同居する形で大阪府に在住しています。

 

因みに姉も婚暦無しの独身で、私よりはまともな勤め人なのでその分収入が多い様です。とは言え、養って貰っている訳ではなく自分の生活費はちゃんと渡している事は明記しておきます。

 

フリーターと変わらない働き方をして来た為、仕事内容や勤務場所と同様に年収は一定では無く変動的で従って現在も、去年と同時期に比べて半分程度の収入しかありません。

 

更に前提として、ボーナスや昇給といった一般的で収入に大きく影響するものは私の場合そもそも存在しません。

今年から一昨年までの年収を大雑把に比較すると一昨年約80万円・去年約150万円・今年約80万円となり(今年は見込み)、特にここ数年は大体一年毎に増えたり減ったりしています。

基本的に非正規雇用での労働になるので、社会保障費等全て自己で賄わなければいけない訳ですが、扶養家族がいない事もあって最低限自分一人の金額で済む事だけが救いです。

 

実際の生活費の内訳は

  • 家賃6万円
  • 食費2万円
  • 水道代3千円
  • 電気代4千円
  • ガス代5千円
  • 通信費1万円

水道光熱費はこの半年間の凡その平均額です。

 

通信費以外の生活費は、同居している姉と大体折半している感じになります。逆に、通信費を含めた社会保障関連の諸費用は自分で支払っている訳です。

 

その前に先ず市府民税が年間4万円程掛かります。

 

これは前年の収入を基に算出される訳ですが、先にも記した通りここ数年は年収が一年毎に同じ様な金額で増えたり減ったりしているので、平均すれば市府民税も毎年大体同じ金額になります。

 

そして次に国民健康保険1万円・国民年金1万円と両方共に減額減免申請をして、少しでも負担を減らして毎月支払っているのですが、現実にはいずれかを納付出来ない月もあります。

 

それ以外の保険については、つまり生命保険や医療保険等の民間企業が提供する一般的な保険には一切加入していません。

 

その理由は勿論、自分の年収が安定していない上に低いという事になるのですが、働き方に関しては体調の関係でどうしても正社員として就職出来ない事情もあって、

 

現時点で年齢相応の収入を得る事はほぼ不可能であり且つ扶養家族がいない現実を差し引きして考えた結果、生命保険等を必要としない判断をしたからです。

以上を踏まえて、私の1ヶ月あたりの小遣いは平均して約1万~1万5千円程になります。

ここには自分で使用しているスマホの通信費が1/4くらいの割合で含まれます。つまり、通信費が嵩めばその分だけ小遣いとして使えるお金が減ってしまう訳です。

通信費を小遣いと完全に分けれないのは、通信費の方が月に依って多少変動する為で純粋に小遣いとして使える金額は、大体1万円くらいだと思います。

もともと社交的ではなく普段の人付き合いも自分からは誘う事がなく、例え人から誘われた場合でも大抵断るので所謂交際費というものは私にはありません。

ですが、私はお酒も飲むしタバコも吸うので、月の小遣いは殆ど酒とタバコに消えてしまいます。

なので私服を買ったり趣味にお金を使ったりという、普通の人が小遣いを使ってしそうな事は、滅多にしません。

面白くない、つまらないと思われるかも知れませんが、これが私の日常なのです。

 

こんな100万以下の独身中高年の実際の貯金はあるの?

 

 

恥ずかしながら現在貯金は5万円くらいしかありません。

もともとの収入がかなり少ないので、はっきり言ってまともに貯金出来る状況ではなく従ってこれといった貯蓄法がないのが現実です。

ですが、基本的に変わらないのはあまり人付き合いをしないという事です。

 

これは私の個人的な意見ですが、恐らく交際費とそれに付随する費用が一番嵩み易いと思います。なので、交際費を抑えるべく印象は良くないですが極限られた人付き合いを維持しています。

 

その代わりという訳ではないのですが、インターネット上のポイントサイトやアンケートサイトに登録してコツコツポイントを貯めています。

これは貯蓄法というよりどちらかと言えば、節約法に分類されるものかも知れません。

ただ、簡単に始められて且つそんなに長い時間も必要としない行動なので、体調の良くない現在の私にとっては気楽に取り組める節約法だと思います。

 

それから仮想通貨についてネットで情報収集しています。

 

これはまだ実際に始めた訳ではないのですが、取り敢えず少額で仮想通貨をやって見て損失を被らない程度に運用するつもりです。これもどちらかと言えば、貯蓄というよりは副収入を得る事が目的です。

また、お酒やタバコもなるべく飲んだり吸ったりしないように最近から節酒・節煙を心がける様にしています。

その甲斐もあって、以前と比べて両方とも摂取量が少し減りその分小銭が貯まる様になりました。

 

ただ、完全に禁酒・禁煙する事は出来ないと思います。数少ない楽しみが無くなって、それこそ何の為に生きているか分らなくなってしまうからです。

残念ながら、この程度しか私の生活に於ける貯蓄法・節約法と思しき方法は見当たりません。

 

年収100万以下からみた将来設計と変わった自適な生活論?

はっきり言って、老後の事はあまり考えていません。考えようにも毎日を生きていく事で精一杯だというのが本音です。

だからと言って、全く何も考えていない訳ではありません。それが証拠にこうしてランサーズに登録して、足りない分の収入を得ようと頑張っています。

ただ、これは自分自身にも言える事だと思うのですが、現代の日本社会は価値観が多様化し過ぎており一昔前の様に、尺度を一つの物差しだけで済ませられない程に複雑な世の中を生きていると思うのです。

つまり、言い換えればお金は勿論必要だし欲しいですが、お金さえあれば必ず満足を得られるのかというある種の哲学的な疑問というか視点があるのではないでしょうか?

現に私は今、体調を崩してまともに働く事は出来ない状態にあるのですが、それは本をただせば高収入を得ようとして過酷な労働環境・条件の仕事に就いた事が原因で、今思えばちょっと無理してしまったと後悔しています。

その反省ではないのですが、それ以後はなるべく無理をしない様に気を付けて働く事を心掛けています。その結果として現在があるので、普段からあまり極端な考え方をしない様にしています。

もし、今の自分と同じ年収の人へアドバイスするとしたら、無理せずしかし高望みもしないという一種の中庸の様な気持ちを生活の基本にする事をお勧めします。結局、少なくとも金銭面での問題は自業自得である事が多いからです。

私が思うに、金銭的に贅沢な生活を目的にする事と自分に合った生活を目指す事は必ずしも一致しないという事です。

ただただ金銭を追い求めるのではなく、自分にとって本当の意味での悠々自適な生活とはどんなものなのかを考えながら日々生きて行くのが現在の私の将来設計です。