完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収400万の生活

年収400万円でやりくりする4人家族田舎暮らしの生活レベルを公開します

35歳の女性で私自身はパート主婦、夫は会社員をしています。小学生と幼稚園の子どもがいて田舎暮らしをしています。

 

夫と私の収入を合わせると年収は約500万円あります。私の分の収入は自分で管理しているため家計には組み込んでいません。

そのため実質は400万円ほどの夫の収入だけで日々のやりくりはしています。

夫はあまり物欲がないので月5千円ほどお小遣いとして使っています。私のお小遣いは自分のパート代の中から捻出していて、残りについては貯蓄や運用をしています。

生活費で一番大きな負担になっているのが食費の7万円です。外食費込みでお米は田舎なので貰えることもありますし、野菜は家庭菜園で作っている分があるため随分助かってはいます。

食べ盛りの子どもがいることもあり、なかなか節約できない部分ではあります。

光熱費はソーラーパネルを設置していて平均1万円くらい掛かっています。

 

オール電化住宅なのでガス代がかからないのが大きいです。

 

私はもっと削りたいと思っていますが、家族の協力がないことには節約ができない部分なので難しいなと感じています。

保険料は月1.5万円ほどと厚生年金、確定拠出年金には私と夫の両方が加入しています

 

この部分だけでも月あたり8万円ほど支払っています。住宅ローンは5万円でまだ15年ほど残っている状態で、繰上げ返済をして早く完済したいとは思っています。

田舎に住んでいるということと、実家の土地を利用して建てているためローン自体が安いのです。

一番削減できない部分が教育費です。子ども達の月謝と習い事でだいたい月5万円くらい掛かっています。この部分は削る予定がないため、今後も増えていく可能性が高いです。

積み立ては毎月5万円前後をしています。老後のためには確定拠出年金があるのであとは教育費と、特別支出に備えての貯蓄だけです。雑費は月1万円くらいの予算で、レジャー費も月1万円程度で予算を組んでいます。

車は田舎なのでどうしても必要なため、小さい車を1台所有していますが、休日くらいしか乗ることがないためガソリン代と保険、維持費などを全て込みにしても月あたりにすると1万円くらいです。子どもたちが自立したら車を手放してもいいかなとは考えています。

夫の収入では日々の生活と将来に備えての貯蓄をしていて、私の収入は家計が赤字になった時に不足分を補ったり臨時支出で困った時などに貯めている分から捻出しています。

 

私自身はお小遣いは月1万円くらいまでにしていますが、本の購入や映画代、ランチ代などなのでそれ程使っていないように思います。

 

先取り貯金で無理なくお金を貯めて900万!

 

我が家は結婚してからお金を貯め始めたのでまだ7年目くらいなのですが、およそ900万円ほどの資産があります。そのうち半分くらいがリスク資産で運用中です。

最初は夫は資産運用には乗り気ではなかったのですが、ただひたすら貯金だけをしていても老後までに殖やせる自信がないので私が担当することにしました。

 

結婚後すぐに子どもが生まれて私自身仕事ができない時期がありました。そのためその時期に資産運用について勉強をしてスタートし、現在は運用から6年ほど経過しています。

私自身、貯蓄は全く得意ではなく、独身時代は貯めることができていませんでした。

 

むしろマイナス状態でクレジットカードでショッピングをしていたくらいだったのですが、結婚してさすがにこの金銭感覚ではだめだと悟り慌ててお金の勉強をし始めました

夫は元々お金に対してはしっかりしている人だったこともあり、恥ずかしい嫁になりたくないという思いがありました。私のようなお金にルーズな人は現金管理することと、先取り貯金がベストだと思います。

クレジットカードは独身の時に懲りたので、現在は光熱費や保険料など固定支出にしか使っていません。

あとは決めた予算以上オーバーしないように毎月やりくりするだけです。先取り貯金をしているため毎月はかなりギリギリの予算でやりくりしていますが、余ってしまうとつい無駄遣いするので足りないくらいでちょうど良い具合なのです。

日頃、丼勘定をしているため節約ということは特にしていません。

無理に節約しようとすると必ずリバウンドで浪費癖が出てしまいます。

 

物を買う時には「必要なもの」しか買わないようにしていて、単純に「欲しいもの」の場合には、本当に必要なのか?

 

と自問自答し、即決しないようにしています。そのためセールや福袋などはほとんど買うことはありません。

 

老後の貯金とまさかの場合の離婚のための貯蓄も必要じゃない?!

 

我が家は収入からすると結構な割合を貯蓄に回しています。確定拠出年金と積み立て、私の収入からの毎月の貯蓄を合計すると3割程度を貯蓄している状況です。

 

我が家くらいの年収があると恐らくちょっと贅沢な暮らしを求める人は多いかと思います。ですが収入が増えても暮らしを無駄に豊かにしないように気をつけることで、増えた分を貯蓄に回すことが簡単に出来てしまいます。

うわべの豊かさというのは、単に見栄を張っているだけであったり、意味のないものだと思います。お金を使わない暮らし方で豊かさを求めるようにしています。

子どもが女の子ばかりですし、老後は子ども達に迷惑かけたくないという気持ちは夫婦ともにあります。そのため夫が40代の我が家はすでにかなり老後にシフトした貯蓄計画をしています。

子ども達が自立したらいつでも退職できる予定のペースで貯蓄をしています。老後のためのお金は確定拠出年金です。我が家では夫婦それぞれに積み立てているのは、離婚などもしものことも想定しているからです。

それ以外には資産運用をして貯金よりもハイペースで資産を殖やすことを目標にしています。

 

現在は元気で若い老人が多いですが、私たち世代が60代になった時にどうなっているかは分かりません。

 

また年金だって受け取りが70代まで繰り上がっているかもと考えているため、遅くても60歳までには老後資金を用意するつもりでいます。

それと同時に現在の教育費を過剰に掛けすぎないことも意識しています。無限に子どもにお金を使うということは、将来的にはその子ども達に迷惑をかける可能性もあるということを忘れないようにしています。

我が家のように夫がある程度の収入があるのなら生活の基本は夫の収入でやりくりして、妻の分はなかったことにして貯めていくのが一番です。

特に40代を過ぎると親の介護などで離職する可能性もゼロではないので、自分たちの老後だけではなく親の老後も考えていくことが重要だと感じます。


1000man4