完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収400万の生活

夫婦共働きでも年収400万の生活水準と老後の暮らしを話してしまいます

34歳女性です。旦那と二人暮らしです。子供はいません。お互いフルタイム正社員で、デスクワークで共働きです。

残業代は支給されますが、どちらも残業はすくなめで、それぞれ月20時間以下程度です。
関西に住んでいます。

 

二人合わせて400万円ほどです。
平均所得よりは少ないです。

貯金も年収と同じくらいしかありません。つまり400万ちょっということです。

年金は、私も旦那も国民年金と厚生年金のみで、個人年金には入っていません。
保険は、私も旦那も健康保険のみで、民間の医療保険などには入っていません。

私は昔、安い医療保険に入っていましたが、今の時点では必要性を感じなくなったので、解約しました。

夫は個人年金に入っていましたが、金利が低く、そこまでのメリットを感じなくなったので、二人で相談してこれも解約しました。

夫婦二人、毎月30万生活費の内訳は?

生活費は毎月30万円ほどに収めるようにしています。
年間100万の貯金を目標にしています。

ある程度貯まったら適宜、定期預金に移しています。
また、貯金額から毎月5000円ほどを投資信託に回しています。

今のところ、投資信託の収支はマイナスです。
車はないので車に関連する固定費はありません。

携帯電話についてはキャリアではなく格安スマホを契約しています。

そのことによって、キャリア時代より毎月3000円は安く済むようになりました。
家賃は毎月6万円程で、水道光熱費は合計月15000円を目標にしています。

あとは、ジムの会費の1万円程が固定費になります。

外食は月に2~3回を限度とし、1回の予算は11000円くらいになるようにしています。
あまり外食をすることがないので、1回しか行かない月もありますし、外食に行っても安いチェーン店になることもあり、その場合は1回1000円程で収まります。

外食費は安く済んでいる方だとは思います。

私も旦那も、お酒はあまり飲まず、たばこも吸わないので、それらに関するお金はかかりません。

私も旦那も旅行が趣味なので、年に2~3回程、国内旅行をしています。

場所にもよりますが、その時に一気に10万円近く使ってしまうことがあります。旅行用の予算は、毎月の生活費の余った分でやりくりしています。

旅行は元気な内しか行けないので、今後も続けていきたいと思っています。

既に親の介護が始まる!老後の不安は増えていく

金銭的なゆとりがどれくらいあるのかということと、介護の問題です。
介護については、今、親が自分の親を介護しています。

施設には入れたものの、認知症が入ってきて我が強くなり、色々とサポートが大変なため、
毎週のように施設に行っています。

自分の親を介護する立場になったらどうなるのだろうと心配です。

親には兄弟がいるため、協力しあって介護をしていますが、旦那も私も兄弟がいないため、一人で両親を見ることになってしまいます。

それはかなりつらいと思っています。

兄弟がいないと遺産分割の問題は起きませんが、全て一人でしなければいけない問題があります。

共働きということもあり、時間的なゆとりもないため、親が自立できなくなったら施設に入ってもらうつもりではいますし、親にもそう伝えています。

ですが、これから高齢社会のため、無事施設が見つかるのかどうか不安があります。
また、施設に入れたとしても毎月結構なお金がかかります。

親の年金及び貯金だけでまかなえるのかどうかという不安があります。できることなら極力快適な施設に入ってほしいと思っています。

親の世代は年功序列で、年を重ねるごとに給料が上がっていくいい時代だったため、老後に向けてのある低のお金があったでしょうが、私たちの世代はそうではありません。

将来的に年金がなくなることは考えにくいとはいうものの、支給額が下がることは目に見えています。

一体具体的にどれくらいお金が必要なのか不透明なので、漠然とした不安があります。
また、自分達には子供がいないため、お互い自立できなくなったら施設に入るつもりでいます。

その時に、金銭的な問題で入所できなかったら最悪です。そういった意味でもお金が必要なので、漠然とした不安が尽きません。

 

老後に向けて夫婦で4000万の貯金を目指す

 

とりあえずと言った形で貯金はしています。年間100万円を目標に、長期的には定年までに4000万円貯めることを目標にしています。

それで足りるのかどうかは正直健康状態や生活レベルによると思うので、
今の時点ではあまり考えないようにしています。

金利が低く、物価も上がっているので、貯金をしたらいいというものではないとは思っていますが・・。また、投資信託も始めました。

少額からできると宣伝しているので、NISA口座を開き、免税の範囲内で行うようにしています。

今のところ、利益は出ていませんが、投資信託は時間を味方につけるというものらしいので、一喜一憂せずに気長にやる心構えでいます。

あと、健康への投資をしています。
とは言ってもそこまで大それたものではなく、運動不足を解消するために定期的にジムに通ったり、
日々の食事を極力自炊したり、品数を増やしたり、そういったことです。病気になると、医療費がかかります。

ちょっと治療したら治る病気であればまだいいですが、長期的な治療が必要であるならば大変なことです。

全ての病気を予防することは当然不可能ですが、自分のできる範囲で健康的な生活をしたいと思っています。

それが未来への投資になると思っているからです。

若いうちにバイトや投資の勉強と体力を付けておくべきだった・・・

学生の間にアルバイトをもう少しして、そのアルバイト代を貯金なり投資なりしておけばよかったと思います。

勉強を一生懸命していたのであればアルバイトをする時間はないでしょうが、そうでなく、なんとなく過ごしてしまっているのであれば、アルバイトでもして有意義に過ごした方がいいでしょう。

若い内に投資をすることによって時間を味方につけることができるからです。

また、投資についての勉強をもっと若いうちにやっておけば、飲み込みも早く、若さならではの行動力もあったのではないかと思います。

リスクの少なく、リカバリできる若い内にやっておくことで経験値もつき、今に活かせたのではないかと思います。

投資に限らず、お金や経済についての勉強もしておけばよかったと思います。

今でも少ししてはいますが、時間的な余裕は学生時代の方がありましたし、学習能力もやはり若い内の方があります。

あとは、健康的な生活です。

健康でいることは一番の節約になるのではないかと思っています。病気になると医療費もかかりますし、通院などで時間も取られてしまいます。
気持ちの面でも滅入ってしまいます。

外食や、添加物の多い食事ばかりをせず、無理なくできる範囲でいいので、健康的な食事をした方がいいのではないかと思っています。あとは適度な運動です。

若い内に基礎体力、基礎筋力をつけておくことはとても大切だと思います。

歳をとってから慌てて運動をしても、筋肉がつくスピードはゆるやかですし、回復のスピードもゆるやかですし、何より無理をすると怪我をしてしまいます。

私は運動が嫌いなので、若いころはあまり好んですることはありませんでしたが、
今思えば、もう少ししておけばよかったです。

夫婦で年収400万でもじゅうぶんに幸せに生きれます。人生はまだまだ長いですがお互いに頑張りましょう!!


1000man4