完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収500万の生活

自営業3人家族、年収500万の得体のしれない不安とマイナス思考発想

茨城県在住、仕事は両親と自営業をしている42歳の男性です。家族は妻と中学生の娘が一人の三人家族となります。

現在の私個人の年収は、自営では300万前後でそこに投資の利益分となります。そこに妻のパート収入も含めると世帯年収は500万前後となります。

三人家族だと十分に思えますが、現在はアパート住まいですし、自営の方は年々厳しくなる一方ですし、投資の方も運が良いと一年を通して儲けがありますが、マイナスになってしまう事も当然あります。

妻のパートは出来るだけ全額貯金をするようにして、できるだけ私の収入だけでの生活を心がけています。

生活費に関しては、毎月特別な事がないかぎりは20万円以内を目標としています。内訳としては、

  • 食費:3万円
  • 家賃:5万円
  • 光熱費:2万円
  • 通信費(スマホ2台とネット):1万5千円
  • 車関係(ガソリン代、保険):2万円
  • 生命保険等:1万円
  • 家族三人小遣い:4万円
  • 雑費:1万円

大凡はこのような感じですが、ここに旅行に行ったり、子供が誕生日や学校で使用するものなどが含まれると、途端に毎月の予定金額である20万円を超えてしまいます。

 

また、クリスマスやお正月になると他の家庭同様に、我が家も赤字となる事が当たり前となります。

自営業をする前はサラリーマンだったので、もう少し生活に余裕があったのですが、ここ数年は生活がカツカツ状態となり正直余裕がありません。

世帯年収では約500万なのですが、サラリーマンで同じ額を稼ぐよりは精神的な安堵感がまったくないので、その気持ちが小遣いにも反映されています。

一応、ガソリン代や飲み代と別に、毎月2万円があります。

自営業なのでお昼ご飯に消える事もないので、まるまる使えるのですが、実際にほとんど使う事はありません。

 

何に使うかというと、妻や娘と外食や映画などをする際の支払いで消えてしまいます。以前はギャンブルとして、パチンコや競馬などもやっていたのでが、最近はすっかりご無沙汰となっています。

車に関しても、家族用で軽自動車を所有していますが、大半は自営業で使用するバンを使う事が多く、ちょっとした用事や買い物ならそれで済ませてしまいます。

妻のパート時間を増やす、投資をもっと頑張って利益を上げるなど色々と状況を打破する為、夫婦で話し合ってはいるのですが、具体的な解決策は見つかっておりません。

娘が公立中学なのでまだ助かっていますが、これが私立の高校や大学に行くようになると、私たち家族の生活は成り立つのか?

不安が日々募っています。その為に、少しでも貯金をしてやりくりをしています。

 

自営業なりの節約方法とは?

 

 

現在の貯金額は約300万円ほどですが、投資で証券会社に預けている分も含めると、総額800万円ぐらいになります。

これぐらいあると普通は少し安心でしょうが、先ほども説明したように自営業の今後の見通しは暗いですし、投資の場合は損をする事もあるので、そうなると貯金総額が一気に減少する可能性がとても高いのが、我が家の状況となります。

 

貯蓄というか節約法は、なるべく大きな買い物をしない事です。テレビや冷蔵庫や電子レンジなどは、暫く買い替えた記憶がないほどです。

 

後は、車も数年前に軽自動車に切り替えたので、これも大分、家計を助けています。車はエンジンが大きいほど、税金や保険、さらに修理代金も高くなり、燃費も当然悪くなります。軽にするのは、もしかしたら一番簡単な節約方法かもしれませんね。

 

続いては、食費を抑えるようにするのもとても大切で効果てきめんです。具体的には、牛肉や刺身を極力避けて、果物も高い物は一切食卓に出てきません。

 

これに慣れると、スーパーに行っても最早贅沢な食材は目に入らないようになります。特売品を中心に購入するだけで、スーパーもお得な買い物となります。

 

妻や娘に関しては、女性という事もあり時にはオシャレな洋服なども購入しますが、以前はファストファッション店ばかりを利用していましたが、最近はメルカリなどネットで購入するのが多いです。

 

メルカリの場合は、洋服でも新品や未使用品が激安価格であるので、節約としてもお勧め方法となります。

 

後は、学生時代など昔は何も気にしなく購入していたものを、現在はまったく購入しなくなったか、稀に買うぐらいペースが減りました。それは、缶ジュースやCD、漫画や雑誌などですね。これらは百円から数千円ぐらいなのに、買う事が勿体ないと思ってしまいます。

 

年収500万の自営業の老後と生活の不安は消えない実態

 

大手企業に勤めるサラリーマンや公務員の方は、私の気持ちが理解できないと思いますが、同じ自営業の方々ならきっと理解していただけると思っています。

幸い、両親が住んでいる実家があるので、どちらかが亡くなったりしたら一緒に暮らす事も考えています。そうなると、家賃や住宅購入では楽になりますが、同時に自営業が成り立たなくなる状況も高くなるので、将来設計が途端に曇ってしまいます。

現在の生活で一杯なので、具体的な老後を考える余裕はありませんが、多分貯金はいまぐらいの金額(1100万)がマックスだと思っています。後は、増える事がなく少しずつ減少していくので、そのペースを如何になだらかにするかが命題となりそうです。

収入が増えず貯金が減るだけなら、後は健康を第一に考えるしかありません。病気や入院をしないだけで、老後に対して準備する額がかなり変わってきます。幸い、夫婦二人は健康だけがとりえなので、これをどれぐらいキープできるかとなります。

後は、我が家に限れば投資を切り上げる時期を見極め、いつまでも儲かれると思わないのが大事となりそうです。将来、株式や投資信託などを考えている人も多いでしょうが、私としてはお勧めしません。これらは現役世代で、頭も冴えていて仮に失敗しても収入や貯金があり、やり直しがきく人が、博打としてやるものです。

老後の生活が、投資の配当や利益でやっていけると自負しているなら、それは投資の天才となります。そんな人は、実際にはほとんど存在しない事を肝に銘じておきましょう。

世帯年収500万で、これが夫婦二人で年金もたっぷり入るなら余裕ですが、自営業だと一寸先が全く読めないので本当に不安ですね。寂しいですが、結論としては無駄遣いをしないで、ひたすら貯金をするしかなさそうです。



1000man4