完全公開アフィリエイト副業講座はコチラ
年収600万の生活

年収650万では裕福とは程遠い!生活費の内訳と老後の予定

 今現在の私の年収としては、非常勤講師で、年間約20万円程度の収入、家庭教師で、年間10万円程度の収入、非常勤公務員で、年間60万円程度の収入です。

そのほか、インターネットを使った収入も10万円程度あるかな、といったところで、一応、現在夫は働いているので、その不要範囲内になるように、収入調整をしています。したがって、年収でいえば、100万円程度になります。

 夫がいて、夫の給料収入が、年収ベースで500万円程度あり、また、夫の企業年金が年間100万円程度、全くの個人年金が50万円程度あり、夫の収入の合計が650万円程度になると思います。

 会社員の娘からは、同居をしているので、月額6万円ほど生活費をもらっていますから、それが年間で70万円程度になります。

 したがって、合計の家計収入としては、800万円くらいというところになるでしょうか。

 ただ、これはあくまで源泉徴収などの経費を引いていない金額になりますから、実質的には、650万円程度が家計としての収入になります。

 月額の収入になると、これを12で割った50万円くらいになるので、かなり裕福、と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。

 固定資産税、保険の年払い、各種税金、夫の小遣い、これが結構多いのですが、それを引かれると、私の手元に残るお金としては、月額ベースで25万円くらいになります。

  • マンションの管理費
  • 長期修繕費が4万円
  • 光熱費が平均で2万円
  • 夫の実家への帰省費が1万円
  • 生協での買い物で4万円
  • 通信費3人分と家の電話で3万円程度
  • スポーツジム2人分で2万円
  • 生活必需品の買い物で3万円、

 

残り6万円程度を、月々の支出をやりくりする、といったところです。

その月に6万円程度をすべて使うというときもあれば、それを翌月に回して使うということもあったり、です。

 たとえば、実家に私が帰る、というときには、その6万円のなかで支出しますし、私が友達と遊びに行くときにも、その6万円のなかで支出します。

 

さらに、自分の洋服がほしいとか、というときとか、夫の洋服を買う、とかというときにもここからの出費になります。

ようは、固定費以外の出費をこれでまかなっています。

 ですので、その6万円の部分をどう使うか、で、私の小遣いが左右される、といったところでしょうか。 思いがけない出費があると、その6万円が減ってしまって、どこからお金を出そうかな、と悩むことになってしまいます。
 

夫をあてにしない夫婦別々の老後の貯金額を暴露!

 

 現在の貯蓄額は、夫の貯蓄額をしりませんので、正確にはわかりません。私の貯蓄額は、約1600万円近くあるはずです。

このほか、事情があって、1600万円程度、貸していますので、それを合わせると、3200万円程度ということになりますが、その1600万円は、絶対に返ってくる、とは思っていませんので、ないものとして考えています。

また、これから、60歳になる頃に保険の満期などがあり、あと1000万円程度は現金が入るはずです。 ある意味夫は夫、私は私、でお金を貯めていますので、私の自由になる貯金がこれくらいある、ということです。

 こんなに、と思われるかも、また、逆に、これだけ、と思われるかも、ですが、とりあえず、フルタイムでずっと働いていて、退職金もいただいていますので、それなりの金額になりました。 今は、専業主婦になってしまっていますので、貯金は私名義のものは一切できていません。

もっとも、老後の費用3000万円といわれているなか、それは確保しているので、ようは、60歳になるまで、もっといえば、62歳の年金支給開始までの間、目減りさせないようにすることが一番の貯蓄法であると思っています。
 

節約法は、とにかく定期にしたものは崩さない、これにつきます。定期にしたものはないものとして、62歳までは生活をするつもりです。それで、なんとかなるものです。

もっとも、自由にできる貯蓄を100万円程度、2週間定期にいれておき、いざとなったら、そこから使い、そして、余裕ができたときに、そこに戻す、という運用はしています。

たとえば、海外旅行に行こう、と思ったとき、自由になるお金の部分がないときには、いったん私の貯金を崩して、という運用をしているということです。

 

裕福な生活の浪費癖を捨てなけらばならない老後の生活

 

 

 何が正しい情報なのか、まったくわかりませんが、老後の資金3000万円、という説を信じるのであるならば、そのお金はとりあえず、持っていることになるので、それで一応一安心、ということにはなります。

 

ですから、老後と言われる時期が65歳ならば、そこまで、その3000万円を目減りさせないこと、それで、65歳以降を暮らしていきたいと考えています。

 私はちょこちょこ仕事も辞めていますので、年金金額はそう多くありません。

 

年金だけで暮らすことは困難です。夫はそれなりにもらうでしょうが、夫と今後に不透明要素を残しているので、あまり夫をあてにはできません。まあ、今は、専業主婦として、金銭的には世話になっているのですが。

 あとは、石橋をたたいて壊すタイプの私は、とにかく投資に関する話には乗りたいとは一切思いません。

少々お金が増える程度でしたら、今のような超低金利時代であっても、貯金が一番と考えていて、株式や投資の話には一切乗るつもりはありません。そういった知識もありませんので、損をするのはよくわかっていますから。

 私と同じ年収であっても、それぞれ家庭の事情が違うと思います。

ですので、あまり参考になることはないと思います。ただ、お互い、そう多くない収入であるなら場、その収入の範囲内で、生活をするくせをつけることが必要ではないかと思います。といいながらも、私も今それを努力しているところです。

なんとか、自分の貯金に手を付けず、あるお金で、と思っています。

 

どうしても、自分が働いていた、いわば裕福な時代の生活費の使い方から抜け出していないので、いけません。ですので、他の方に言うと同時に、これは私自身への戒めでもあります。