アーカイブ:2018年 8月

  1. 就職して既婚者のサラリーマンやOLの多くは、お小遣い制で生活している人が多いのではないでしょうか? 特に奥さんが専業主婦の場合、家計を奥さんに任せている人が多いと思います。 私の家庭は父が家計を牛耳っていて、…

  2. OLから自由業に転職し、白色申告で赤字決算となりました。 年収は260万円ほどですが、住民税や国民保険料のコスト削減に成功したので前年度よりもだいぶ出ていく費用が少なくなったことに成功しました。 赤字決算の理…

  3. 年収200万円台の独身、40代女性の生活と将来の不安を考えてみました。 月々のお給料の手取りが15万円ほどと考えます。実家暮らしなので、光熱費、家賃代コミで3万円です。これだけでも恵まれた状況ですが、将来のことを考…

  4. 私の場合、30代で年収340万円ほどのOL事務の正社員をやっていた時、退職金も会社の規定で1000万円には程遠い額となります。 実際に300万円ほどで、実際にはそれだけでは生活が困るからというので数百万円を女性の退…

  5. ざっくりいって年収300万円の生活はできないことはないけど、ギッチギチの余裕ない生活が待っています。 でもこの年収の日本人が今一番多い層なのも事実。 そしてもっと怖いのが、50代、60代の定年直前でもこの30…

  6. ●手取り25万円世帯の理想的な家計バランスはコレだ! ・住宅費(住宅ローン含む) 30%まで(7万5000円) ・食費 20%(5万円) ※米を含む自炊費だけではなく、外食酒代も含めての金額 ・衣料費 5%(1万250…

  7. 私が30代のOLで某自動車会社の労働組合の職員だったときの年収が正社員でざっと年収340万円ほど。 2018年の労働者人口全体では年sン風300万円前半の従業員たちは全体の約20%弱と言われているじだいです。この先日本の経済もそれほど…

  8. 老後破産しないためにこのままOLで事務職を続けて果たして年収300万円時代のまま貯金がたまっていくのか? という大きな不安があるのは、薄給のOLの独身女性に多い悩みの1つ。私がかつてある自動車会社の労働組合で普通の…

RETURN TOP